カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
TOP宅建学院 通信講座 ホームページへ
TOP通信講座 入学規約
メルマガ登録・解除はこちら
【C4】宅建士 登録実務講習 横浜校【申込締切:2023/2/6(月)】:教材発送予定日2023/2/8、スクーリング:2023/3/9(木)・3/16(木)
定価 21,000円(税込)
販売価格

18,000円(税込)

在庫数 16
購入数

【申し込みの際に「合格証書の写し」を必ず合格証書データ送信フォームで提出してください。】
※「合格証書の写し」の提出がない場合は登録実務講習の受講ができません。※

【合格証書データ送信フォーム】
https://ws.formzu.net/fgen/S31606276/

宅地建物取引業法及び同法施行規則に基づき実施されます。

国土交通大臣の登録を受けた講習機関が実施する講習です。宅地建物取引に関する実務経験が2年に満たない方が、登録実務講習の修了により「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引士資格の登録申請を行うことができます。  
  
※宅地建物取引の実務経験2年以上の方は講習を必要とせず資格登録申請が可能です。

●登録実務講習修了者証明書の交付
修了試験に合格された方には「登録実務講習修了証」を交付します。修了試験不合格の方にも通知します。
交付した「登録実務講習修了証」は、宅地建物取引士登録の際に必要です。

1.資格試験受験地の都道府県知事宛へ申請します。
2.申請後交付は自治体で異なりますが、通常は即日〜30日位となります。

※なお資格試験合格から登録まで1年を超える場合、取引士証交付申請前に「法定講習」の必要があります。v

<講習内容>
科目
(1) 宅地建物取引士制度の概要
(2) 宅地建物取引士制度の役割及び義務
(3) 受付、物件調査及び価格査定の実務に関する事項
(4) 媒介契約に関する事項
(5) 宅地又は建物の取引に係る広告に関する事項
(6) 宅地又は建物の取引条件の交渉に関する事項
(7) 法第35条第1項及び第2項の書面の作成に関する事項
(8) 宅地又は建物の取引に係る契約の締結に関する事項
(9) 宅地又は建物の取引に係る契約の履行に関する事項
(10) 宅地又は建物の取引に係る資金計画及び税務に関する事項
(11) 紛争の防止に関する事項
(12) 取引の目的となる宅地又は建物の調査手法に関する事項
(13) 第35条第1項及び第2項に規定する説明の実施に関する事項
(14) 宅地又は建物の取引に係る標準的な契約書の作成に関する事項

【登録実務講習スケジュール】

1 登録実務講習お申込手続きお支払後の発送日に教材をご送付

2 登録実務講習テキスト・動画で通信(自宅学習)

3 スクーリングは選択した教室・会場(20名の少人数)でプロ講師が要点をわかりやすく講義。LIVE授業です!

4 修了試験の出題範囲

…命の学習 (正誤選択式20問)
▲好ーリングで学習した内容(記述式20問)

時間厳守/9:50集合、講習10時〜17時30分 遅刻は欠席扱いとなり、修了できません。

※定員20名満席になり次第、受付終了いたします。予めご了承願います。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける